リールバーグ法律事務所

リールバーグ法律事務所は、皆川(みながわ)弁護士、各専門分野の最高の弁護士および法律専門家で構成された都内にある最高の法律事務所です。

また、法務法人ギャバルド女性法律専門チームは女性弁護士や女性の実務者で構成されて離婚や家庭事件で女性の法律的な権益のために多くの成果をおさめております。他分野でも実績を残し、知的財産権専門弁護士たちと知的財産権の専門家で構成されたチームで特許出願から訴訟までワンストップ総合法律サービスを提供しています。

≪関連≫ 良く解る相続 弁護士・・2015年からの法律改正もあり相続の分野には非常に強い注目が集まっています。特に、東京郊外に一戸建てを持つ層は今回の改正で相続税対策の新しいターゲット層となる部分です。相続の問題は相談が早ければ早いほど良いので、出来る限り早目のご相談をお勧めします。

通常の弁護士選任費用は?

image

手付金と成功報酬
弁護士選任費用は大きく手付金と成功報酬に分かれて弁護士報酬の具体的な金額は、案件の内容に従って決定されます。弁護士選任費用の手付金は通常弁護士を選任するときに支払われ、成功報酬は訴訟が終わった後、依頼人が得ることになる経済的利益の一定割合が支払われたり、勝訴した後一定金額が支払われます。

したがって敗訴したり、勝訴してもこれといった経済的利点がない、又は事案が簡単な場合には成功報酬がありません。一方、状況に応じて、手付金と成功報酬を調整をしたりして特殊な場合には後払い制な成功報酬約定だけにしたりします。 同一の種類の事件でも事案の複雑性と重大性、予想裁判期間(普通裁判期間は6ヶ月程度です。)等により弁護士報酬が変わるのが普通です。

また、同一事件であっても、弁護士の経歴や力量によって弁護士選任費用が変わったりもします。 結局、正常であれば、同一事件の場合にも弁護士報酬の差が出る理由は弁護士の事件ごとの業務量と弁護士の力量の違いのためです。 通常民事訴訟の場合、弁護士の選任費用は30万程~50万ほどです。ただ、事案によって弁護士報酬がもう少し安いたり高くなったりします。

そして刑事事件の場合、告訴代理は20万から30万程度であり、被告人の弁護人の選任費用は手付金40万ほどで、一定の場合、成功報酬契約をしたりします。それから、やはり事案によって弁護士報酬が変わる可能性もあります。 弁護士の選任料のほかにも以下の費用がかかります。これは依頼人が別に負担することになります。